ブログ

2017.11.19

冬の足音

1,207 view

スタッフ名:畠山 大樹

 全国的にこの冬一番の寒さとなった今日、ここ大島でも少しだけ雪が舞いました。ただ気仙沼大島がある三陸の沿岸部は黒潮の影響で冬でも比較的暖かく、“常春の島”などと云われておりあまり雪の心配をすることなく周辺の散策などがお楽しみ頂けます。
 さて冬のお楽しみといえば、お魚が一年のうちで一番美味しい!などいろいろありますが、早朝の風景の美しさも空気が澄んでいるこの時季ならではです。普段は大島よりも北東にある唐桑半島越しに昇る朝日が、冬の時季だけは水平線から昇るのがご覧いただけます。休暇村園地からもきれいに見る事が出来ますが、休暇村から徒歩5分程の田中浜まで下りて見るのがおすすめです。
 海と空がだんだんと朱色に染まっていくさまは本当に美しく、光に包まれてパワーチャージされていくような感覚は1日の始まりにぴったりです。

現在の気仙沼の日の出時刻はだいたい6時20分頃、皆様もお越しの際はぜひ少しだけ早起きして絶景の朝日をご覧下さい。
PAGE TOP