イベント

2017.11.29

しごと場・あそび場ちょいのぞきin気仙沼

832 view

スタッフ名:畠山 大樹

 魚の運送には欠かせない氷屋さんに函(はこ)屋さん、造船所に漁具屋など、 “海と生きる街”気仙沼には他の街にはない港町ならではの仕事や文化がたくさんあります。「ちょいのぞき気仙沼」はそんな気仙沼ならではの職場に潜入したり、漁師体験などができる学んで楽しめるコンテンツが満載のプログラムです。
 12月も週末を中心に多彩なプログラムを予定しております。今からでも参加可能なものもありますので、いくつか紹介させて頂きます。

☆各プログラムのお申込み・問合せは「気仙沼観光コンベンションセンター」Tel.0226-22-4560
「ゆずジャム&アイスづくりと大島海鮮丼」
12月が旬の大島の天然ゆずは、離島の中で北限のゆずと言われ、寒冷地がゆえに香りが高いのが特徴です。自分でゆずをもぎ、天然ゆずを使った手作りジャムとアイスを自分たちで作ります。ジャムはお土産に、アイスは大島海鮮丼を食べた後のデザートとして味わいます。”

日  時:12月3日(日)10:00~14:20
料  金:一般:5,000円 小学生:2,500円
     未就学児:無料
集合場所:島の味処こまつ
     〒988ー0605
     気仙沼市浦の浜44ー1
     島の味処こまつ定  員:12名
最少人数:4名
申込締切:12月1日 12時
「マグロを学ぶ!解体ショーde Myまぐろ丼」
魚の王様まぐろについて学びます。大迫力のマグロの解体ショーのあとは、お家で簡単にできるお刺身の切り方をお教えします。またまぐろの骨身(中落ち)をスプーンでとって、マイまぐろ丼をいただきます!

日  時:12月9日(土)10:30~12:30
料  金:一般:1,500円 小学生:500円
     未就学児:無料
集合場所:さかなの駅
     〒988-0053気仙沼市田中前2丁目12-3
定  員:15名
最少人数:5名
注意事項:・エプロン持参
申込締切:前日15時
「気仙沼魚市場復興物語 ちょい食べつき」
気仙沼の魚市場では、船が日本中から入港し、新鮮な水産物が全国に向けて出荷されている魚市場です。東日本大震災から復活した魚市場で漁業や魚、防災についてご案内。気仙沼自慢の地酒や珍味もちょい食べしちゃいましょう!!

日時:12月24日(日)8:30~9:40
料金:一般 1000円、小・中学生500円、未就学児無料
集合場所:海の市2階観光サービスセンター
〒988-0037 気仙沼市魚市場前7-13 海の市2階
定員:30名
最少人数:なし
注意事項:・ハイヒール、サンダルは避け、歩きやすい靴で参加ください
申込締切:当日申込可
PAGE TOP