ブログ

2018.01.23

牡蠣剥き工場に行って来ました!

572 view

スタッフ名:伊東 勝正

 この地方では冬が旬の牡蠣。先日、料理に使う牡蠣を入荷しに牡蠣剥き工場へ行って来ました、工場の中は笑い声など、和やかな雰囲気でしたが、牡蠣剥きの手さばきが何とも早い、慣れた方しかこんなに早く剥く事は出来ません。手元だけが活気があって、1日1人当たり何個、何百個位剥くんだろうと感心し、一瞬で自分には無理と感じました。
 まだまだ、旬の牡蠣、気仙沼・唐桑の「復興かき小屋 唐桑番屋」では、5月末位までの土・日・祝日の期間、お一人様1,500円(税込)で牡蠣や帆立を存分に頂くことが出来ます。
 自家用車又はタクシー等、車があった方が便利ですが、ぜひ、お越しの際、「復興かき小屋 唐桑番屋」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

<要予約・問合せ>                            
唐桑町漁業共同組合<TEL>0226-32-3180(8:30~17:00) 
   店長携帯    <TEL>080-8205-4186    
これが牡蠣いかだです。ロープの下に牡蠣が吊られています。実は魚もいっぱい住みついているんです地元の方はこの上で釣りを楽しみます。
牡蠣を剥いた状態、身がふっくらして美味しいと言うしかありません。三陸の牡蠣は最高です!

復興かき小屋 唐桑番屋

PAGE TOP