グルメ

2018.03.15

炙りメカブ始めました!

522 view

スタッフ名:畠山 大樹

 休暇村気仙沼大島では、ご夕食時に地元の食材を使った料理を一部バイキング形式でご用意しておりますが、今日から旬の生ワカメのしゃぶしゃぶに加え「メカブの炙り焼き」が登場です。
メカブというと皆さんがイメージするのは細かく刻まれたものかと思いますが、このあたりでは炒め物や天ぷらなどで食べることもよくあります。
 生のめかぶは写真でも分かるように「茶色」です。これを火で炙ると徐々に鮮やかな「緑色」へと変わっていき完全に色が変わったら食べ頃です。穫れたてのめかぶを炙ってポン酢で頂く。これがまた最高に美味しい!コリコリとした食感。広がる磯の香り。とれたてめかぶなら、塩分がなんとも丁度良く、磯の香りがダイレクトに口の中に広がります。色の変化と併せて目と舌で楽しめる旬の食材ですので、お越しの際はぜひお楽しみ下さい。

なお、ワカメ漁が無かった時やワカメのシーズンが終わった際は「メカジキテールの炙り焼き」を予定してますのでそちらもお楽しみに!
PAGE TOP