観光

2020.10.25

会いたい人の顔がある

338 view

スタッフ名:西館 前田

ほほえみ 大笑い 嘲笑 泣き笑い 愛想笑い 上目づかい 激怒 憤怒 剣幕 鬱々 鼻白む 眉をひそめる 安堵 無関心 仏頂面 目をむく 目を見張る 悲哀 嘆く 途方に暮れる うちひしがれる 軽蔑 侮蔑 後悔 ほがらか 感心 感激 呆然 唖然 困惑 焦り 羞恥 からかい おどける にらむ 息をのむ うっとり むっつり とぼける けげん あきれる 照れる 見つめる…
 
人間の表情を表す言葉の何と多いことでしょうか。
私はこのお堂に入った瞬間、まるで仏像に語りかけられているような気がしました。一つ一つの表情やしぐさがとても人間くさくて、今にもささやきや息づかいが聞こえてきそうなのです。
ここは十一代藩主井伊直中(井伊直弼の父)が建立した曹洞宗の寺です。京都の名工、駒井朝運が刻んだ五百羅漢をまつっています。
「亡き親、子供、いとしい人に会いたくば、五百羅漢にこもれ」と言われるほど、必ず自分の探し求める人の顔があると言われており、実際私も見つかりました。皆様にもじっくりのぞきこみながら、お探しいただきたいです。
 
五百羅漢・天寧寺。休暇村近江八幡からは車で四十分ほどです。お越しの際には、ぜひ足をのばしてみてください。
 
天寧寺
住所 彦根市里根町232
電話 0749-22-5313
料金       400円
営業時間              9:00から17:00
定休日など           無休
お問い合わせ       TEL:0749-22-5313 FAX:0749-22-5336
画像1
画像2
画像3
画像4
PAGE TOP