ブログ

2018.04.18

だいせん登山道の最新情報~一気に積雪減少~

1,729 view

スタッフ名:久保昌之

4月16日(月)現在のだいせん夏山登山道の最新情報をお知らせ

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
午前10時の大山寺の天候 くもり時々晴れ 気温8℃ 無風
午後1時の山頂の天候    くもり     気温1℃ 微風
 
4月に入り暖かい日が続いて、一気に積雪が少なくなってきました。
ただ今月も降雪があったり、過去には5月にも山頂付近で降雪があった
年もありますので、天気予報には充分ご注意ください。
 
テレビに出てくる米子の天気も判断する材料になります。
大きな気圧の変化がない限りは標高が100m上がるごとに気温は
約0.6度下がります。
大山山頂では1709mですから米子あたりの天気予報で最低気温が
10℃と予測された場合は、山頂では4℃と予測されます。
 
大陸から寒気団を含む高気圧が下がってくると、今の時期では
米子市内でも最低気温が5℃とか予測される時がありますが、
その時は山頂では氷点下になるわけです。
 
ただ晴れていて、太陽が昇ってくると気温がどんどん上がってきますから
陽が当たった部分から残雪は一気に緩んできます。
 
その状況でアイゼンを履くと逆に抜け穴に突っ込んだり、緩んだ雪に
アイゼンを引っ掛けて転倒する恐れが出てきます。
 
現在は残雪が標高1300mあたりから出てきますが、雪が緩んでいますので
アイゼンは不要で、カッティングで登って下さい。そのほうが安全です。
よほどの寒気が入り込んだり、気温が氷点下が予測される時はアイゼンを
その場所だけ装着すればいいので、
不安な方は保険の意味で持参されたらいいと思います。
 
実際には4合目付近から残雪が出てきて、
8合目手前までに所々に残雪が見られます。
避けて歩ける場所と残雪の上を歩く場所がありますので、
出来ればゴアテックスの登山靴のほうが濡れなくて安全です。
 
今日のような落ち着いた天候であれば運動靴でも登れますが、
雪の上を歩くので当然ですが濡れることは覚悟してください。
 注意することは雪の上を歩く時に踏み抜くことが多々あります。
さほど深い穴はありませんが、
下山時に踏み抜くと足が抜けなくて前方に転倒するのでお気をつけください。
下りでも事故予防のためにカッティングを意識してください。
 
大山寺周辺では早くも花が咲き始めました。
例年よりもかなり早いです。
「ミヤマカタバミ」、「ネコノメソウ」、「ミヤマサイシン」など。
「ダイセンヒョウタンボク」は既に終わりました。
参道付近の山桜などがこれから見頃となります。
 
駐車場も含めて、道路には積雪はまったくありません。
南光河原よりの登山口
駐車場も含めて、
道路には積雪は
まったくありません。
1合目付近の様子
2合目付近の様子
3合目付近の様子
4合目付近の様子
5合目付近の様子
6合目付近の様子
7合目付近の様子
草鳴社ケルン付近
7合目付近の様子
9合目付近の様子
山頂避難小屋
大山環状道路鍵掛峠
手前の桜があと少しで開花します。

【旅Q】秋の登山ツアー参加者募集中

PAGE TOP