ブログ

2018.06.30

【星取県】さきどり7月の天文情報

574 view

スタッフ名:伊澤悠子

2018年7月上旬 金星とレグルスが大接近

7月上旬から中旬ごろ、夕方から宵の西の低空で、
金星とレグルスが大接近を観測することができます。
最接近は10日頃の予定です。
その間隔は約1度と満月2個分ほどの距離まで近づきます。
レグルスは獅子の心臓にあたる位置に輝く星ですが、
このころにはいつも以上に輝かしいハートが
まぶしく光るということになります。
最接近の前後の日も観察して、
金星がレグルスの近くを動いていく様子も
確かめてみるのもよいかもしれません。
15日、16日には細い月もこの近くにやってくる予定です。
 
画像1
画像2
7月7日は七夕。伝説では年に一度、
おりひめ星とひこ星が天の川を渡って会うことのできる特別な日
星を眺めることが少ない方にとって、七夕は良い機会ですね。
夏の大三角から織姫と彦星の星を探してみませんか。
今年の伝統的七夕(旧七夕)は8月17日。7月7日とともに、
とくに星や宇宙に思いを馳せたい一日ですね。

休暇村奥大山では『星取県』でみる夜空、星を見る会を毎日開催中です。
この機会に夜空を眺めてみませんか?
 

【孫旅】星取県ではじめてみる!?天の川 星座観察付宿泊プラン

星取県ではじめてみる!?天の川 星座観察付宿泊プラン

PAGE TOP