ブログ

2020.08.11

【星取県】星ぞら見night 流れ星ウォッチング☆彡開催中

1,491 view

スタッフ名:杉村康之

明日はペルセウス座流星群の極大 絶好の観測チャンス

ふれあいプログラム参加者N0.1の星空観察会のご案内はこちら

8月12~13日は「ペルセウス座流星群』
の観測ピークを迎えます
流れ星を見る絶好チャンス到来です。

一番の見頃は明日12日深夜から
翌13日未明あたりとなります。
お盆前後は星取県の星空見nightも
流れ星ウォッチングとして開催中
是非ご参加ください。

月齢は22.4【下弦】半月ですので
少し月明かりの影響はありますが
条件が良いところでは
1時間あたり30個程の
流れ星を観測できそうです。
通常時一時間あたりの平均は
4個程度と言われますので
観測には絶好のチャンスです。

お盆休みは家族で是非星空を見上げ、
流れ星に願いを込めてみませんか?
 
観察のポイント
☆彡--空を広く見渡そう☆彡--
流れ星は方角や高さに関係なく、
空のあちこちに流れます。
広い範囲を見ることがポイント
視界の開けたところが観察に最適です。
その際には、街明かりや月明かりのをさけ、
街灯や月から離れた方向を中心に眺めると
流れ星が見つけやすくなります。
凝視すると視野が
狭くなってしまいますので
なるべくリラックスして
空を広く見渡してください。

☆彡--15分くらいは見続けてみよう☆彡---
時間に30個の流れ星が見えるとすると、
計算上は平均して2分に1個のペースで
見えることになりますが流れ方はランダム
立て続けに数個見えることもあれば
10分以上も見えないことも
1つも見えないからと数分で
諦めては勿体無いので
15~20分くらいはゆったりとした
気分で夜空を見上げて見るのがポイントです。
アストロアーツホームページより一部引用
youtubアストロアーツのページより

アストロアーツさんの特設サイトはこちら

2020年8月25日は伝統的七夕です

旧暦にもとづいた七夕は
「伝統的七夕(旧七夕)」と呼ばれ、
今年は8月25日がその日に当たります。
今年はやや遅めの日程となっています。
この機会に七夕に縁のある
夏の大三角や天の川を見上てみませんか?
空が暗い星取県なればこそ
月が沈んだあとには
織女星(こと座のベガ)と
牽牛星(わし座のアルタイル)の
間に流れる天の川もばっちり
ご覧いただくことができますよ。

星取県のスターウォッチングプランはこちらから

画像1

休暇村流れ星観測数二年連続NO.1の星降る宿 #星取県 #休

PAGE TOP