ブログ

2020.08.10

だいせん登山道の最新情報~立秋のユートピア~

861 view

スタッフ名:久保昌之

8月6日(木)現在の大山ユートピアの最新情報をお知らせ

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
午後1時のユートピアの天候
晴れ 気温16℃ 2~5m/s
米子市内はこの時間帯で32℃でした。 
 
ようやく夏らしい
暑い天候となりましたが、
暦の上では7日が「立秋」となり、
秋の気配が感じられる日と
なっています。
この暦は中国から
伝わったものですが、
中国内陸部は
大陸性気候のため
この時期には
気温が下がり始めます。
ところが日本は
海に囲まれていて
太平洋高気圧の影響を
ダイレクトに受けるので
暑さのピークが
大きくずれており、
ちょうどお盆のころまでが
猛暑のピークとなります。

立秋を過ぎると暦の上では
夏は終わりつつあるので、
時候の挨拶は
「暑中お見舞い」ではなく
「残暑お見舞い」となるわけです。
それでも納得がいかないぐらいの
下界の暑さが、さすがに山に登ると
涼風に吹かれて気持ちよく、
束の間の至福の時間を
過ごすことができます。
 
ただ注意していただきたいのは、
大山付近においては
8月最後の週辺りに
山頂でも30℃近い温度に
上がることがほぼ毎年あります。
油断しないようにお気をつけください。
 
ユートピアのお花状況ですが、
ほぼピークとみて
差し支えないと思います。
あと1週間程度はこの状態が
続くようです。
毎年のことながら今年も登山道を
外れてお花畑の中に入って
写真を撮る方が多くみられ、
すでにたくさんの脇道が
できています。
15年以上前に
このユートピアの様子が
大山のポスターに使われて、
そのイメージで同じ画像を収めたいと
お花畑に入っていくのですが、
もうあのお花畑の様子は無理です。
 
高山植物のお花畑の中に、
ヒトツバヨモギとヤマヤナギが
毎年繁殖を続けており、
あのポスターのイメージとは
大きくかけ離れて、
今の時期は緑が非常に目立って
きているからです。
またイタドリ、シシウドなども
背が高くなり、明らかに
従来のお花たちが減っています。
ちなみにヤマケイオンラインの
会員登録(無料)をすると
10年前のユートピアの様子が
みられますので
比較すると違いがよくわかります。

無理をして登山道を
外れて立ち入ることは
どうかお止めください。
以前には環境省、鳥取県と
協議してロープを張る
ということも検討したのですが
せっかく写真を写すのに
野暮なことは止めようと、
みなさんに自然のありのままを
みてもらおうとロープを
張るのを中止しました。
このままだとロープを張って
立入り禁止の看板を出さないと
いけなくなります。
どうか自然に咲いている
お花たちを踏みつけないでください

ユートピアにはトイレはありません。
携帯トイレブースがあるだけです。
従って携帯トイレを必ずお持ちください。
現在はトイレキットが置いてありますが、
あらかじめ用意して登ってみて、
現地にあれば使わせてもらう
程度の感覚でいいと思います。
 
安全にお花を見るのであれば
夏山登山道をお勧めします。
8合目から上の木道を歩くと
そばに同じお花が咲いています。

ヤマケイオンラインはこちら

エゾアジサイ
オオバギボウシ
キョウショウコゴメグサ
クサアジサイ
コオニユリ
シモツケソウ
ソバナ
ダイセンオトギリソウ
ダイモンジソウ
ノリウツギ
無理をして登山道を外れて立ち入ることはどうかお止めください。
どうか自然に咲いているお花たちを踏みつけないでください。

ネットから登山届 コンパスはこちらから

日本山岳ガイド協会認定ガイドがご案内する休暇村の登山ツアー

旅Q】日本遺産国宝『投入堂』 三徳山三佛寺投入堂登山ツアー

旅Q】だいせん元谷をたのしむ登山ツアーはこちらから

MORE

PAGE TOP