ブログ

2020.09.11

烏ヶ山登山道の最新情報~三密を避けられる烏ヶ山

840 view

スタッフ名:久保昌之

9月9日(水)現在の大山山系の烏ヶ山の最新情報をお知らせ

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
登山中に出会った植物たち
台風9号、10号と続けて
ほぼ同じコースを通過し、
大山山系では雨よりも
風の被害が予想されましたが、
ほとんど倒木等の被害は
ありませんでした。

この烏ヶ山でも登山道の被害はなく、
今日の登山者は述べ30人程度でした。
 
新小屋峠からキャンプ場という
周回コースが登山道なので、
あまり登山者と会わなくて済むために
「三密状態」を避けることが
出来て静かな登山を
楽しむことが出来ます。
 
台風通過後はやや気温も落ち着き、
秋めいた風が心地よい天候でしたが、
不安定な天候のため、
下山中にいきなりの雷と豪雨に見舞われ、
登山前の予報とはかなり食い違いました。
 
これは今まで記録的な暑さをもたらした
太平洋高気圧と徐々に南下してきた
大陸からの寒気がちょうど日本の
上空でぶつかり、大気の状態が
不安定になり今日のように局地的に
雷を伴った激しい雨が降ったためで、
この「局地的」というのが
予測がつきにくいのが現状です。
 
今後の予測としては徐々に
太平洋高気圧の勢力が弱まり、
さらに
本州付近に秋雨前線が延びてきて、
南からの湿った空気が流れ込んで
くるために不安定な天候が
続くと予測されます。
 
登山される際は晴れていても
上下セパレートタイプの雨具は
必ずお持ちください。
上着とズボンは同じスタッフバッグで
販売しているために、
その状態でザックに入れている方が
多いようですが、
別々に分けて収容したほうが
いざという時にすぐに取り出せて
あまり濡れなくて済みます。
また防寒具として代用も出来ますが、
特にこれからの時期は雨が降ると
一気に気温が下がってきますので、
ご注意ください。
 
まだまだ日中は暑い日が
続くために雨がポツンと来た時に
「いつ雨具を出そうか?」と
迷ってしまいますが、
上空を流れる雲の様子をみて、
上着だけは早めに着るのが
無難だと思います。
 
少し涼しくなったとはいえ、
やはりまだまだ登っていると
汗がしっかり出てきます。
従って水分補給は
必ず早めにするように
心掛けてください。
 
目安として
当日の天候にもよりますが
500ペットで最低3本は
持ったほうがいいと思います。
内訳としては健康飲料2本、
水が1本で計3本が適当でしょう。
登っていると汗が出ます。
その喉の渇き潤すために
水だけ飲むのではなくて、
必ずナトリウム(塩分)を
摂取するために健康飲料のほうが
役に立ちます。
 
汗と一緒に体の中の塩分も
同時に出ていますので、
水だけ飲んでいると
ちょうど味噌汁にお湯を加えて、
味が薄くなるのと同じ原理になります。
従ってお勧めは
ポカリスエットとかOS-1などがあります。
 
新小屋峠登山口から入山
静かなブナ林の中を進む
新小屋別れ分岐直下の難所
新小屋別れより蒜山方面
奥に望む烏ヶ山山頂とナナカマド
烏ヶ山山頂 1448m
アキノキリンソウ
ホツツジ
ヤマブドウ
ダイモンジソウ
ベストシーズンを向かえる奥大山 烏ヶ山へ

私も同行する登山ツアーはこちらから

MORE

PAGE TOP