ブログ

2017.12.16

だいせん登山道の最新情報 ~つかの間の快晴~

876 view

スタッフ名:久保昌之

12月15日現在のだいせん夏山登山道の最新情報をお知らせ

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
午前10時の大山寺の天候  晴れ  気温0℃  無風
午後1時の山地用の天候    快晴  気温-4℃  微風
 
先週から今週初めの寒波がようやく去り、ほんの束の間の晴れ間がのぞきました。
大陸から大きな高気圧が入り込み、穏やかな大山で、気温もやや高め。
今の時期の大山にしては珍しく登山日和となりました。

登山道はこれから少しの間は一番歩きにくくなると思われます。
前回の降雪が気温が低すぎてサラサラのパウダー状態であったため、
5合目付近から7合目付近の潅木がほとんど埋まっていません。
もう少し湿っぽい雪であれば、枝が埋もれていくのですが、もう少しのようです。
8合目上のキャラボク帯は完全に雪で埋まっています。
まだシーズン初めですので、8合目から上では木道があるであろう
場所から横に踏み外すとかなり埋まります。ご注意を。
 
今日の場合は雪が柔らかく、アイゼンが不要でしたが、これからの
時期は必ず10本ないし12本爪のアイゼンが必需品です。
また登山靴は出来れば冬用の登山靴で登ってください。
アイゼンはシーズンに入る前は必ず研磨してください。
先が丸くなったアイゼンは危険です。
本来はシーズン終わりにさび止めとか研磨をしておけばいいのですが、
なかなかついそのままで置いてしまいます。
 
今日もやや危なっかしい登山者が何人か居られましたが、出来れば
冬山は単独は避けて、ある程度の技術を持った方に同行してもらった方が
よりリスクが減らせます。
無雪期とは違って、細かい注意点がたくさんあります。
基本技術を身につけてから雪山に登ったほうが安全です。
 
まだまだ積雪が増えてきますので、今の時期はピッケルよりも
ストックの方が楽かもしれません。これも正しい使い方をすればの話ですが。
 
山頂避難小屋は来年春までは無人ですが、トイレは1ヵ所だけ
使えます。風が避けられるだけいいと思いますのでご利用ください。
天候が悪い場合は内部も暗くなりますので、ヘッドライト等は
すぐに取り出せるところに入れておいてください。
トイレも含めて皆が気持ち良く使えるように、入り込んだ雪は
出られる時にほうきで吐き出す程度のことはご協力ください。
(ほうきやスコップは小屋内に常備しています。)
 
道路には積雪がありますので、車でお越しの際は冬用タイヤと
チェーンはお忘れなく。駐車場は除雪していない時が多いので、
お気をつけください。
 
もう大山は冬の山だと思ってください。従ってそれなりの装備で登らないと
自分が困ることになります。防寒対策などしっかり準備して登ってください。
冬の大山は誰でもが登れるほど簡単な山ではありません。
ちょっとミスをすると即遭難に繋がります。
命にかかわる事故にもなりかねませんので、充分にご注意を。
天気予報などの情報をしっかり把握した上で、無理のない登山を心がけてください。
山頂避難小屋は来年春までは無人ですが、トイレは1ヵ所だけ
使えます。風が避けられるだけいいと思いますのでご利用ください。
天候が悪い場合は内部も暗くなりますので、ヘッドライト等は
すぐに取り出せるところに入れておいてください。
トイレも含めて皆が気持ち良く使えるように、入り込んだ雪は
出られる時にほうきで吐き出す程度のことはご協力ください。
(ほうきやスコップは小屋内に常備しています。)

MORE

PAGE TOP