イベント

2018.10.26

気仙沼フカヒレシティ

437 view

スタッフ名:畠山

気仙沼は言わずと知れたフカヒレが特産の街。

気温が低くなり乾燥した風が吹いてくるとフカヒレの加工に適した天候となります。
11月から4月にかけて気仙沼ではフカヒレの天日干し作業が始まります。

90日の期間乾燥した風で乾かされるフカヒレは、食品となるまでに鮫肌を取り除いたり余分な油脂分を落としたりと手間が掛かけられ高級品として流通します。


 
そんなフカヒレに思いを馳せつつ、暖かいお茶やコーヒーを飲みながら私はフカヒレのおやつをいただきます。

また、ご宿泊の際には夕食の一品料理としてフカヒレの姿煮をご用意しておりますので気仙沼に来た記念にお召し上がり頂いてはいかがでしょうか? 
1人前 2,600円
客室のお茶受けとしてお召し上がり頂ける「ふかひれくっきー」。フカヒレのフカヒレが粉末になって入っています。
大 865円
小 540円
こちらも粉末状のフカヒレが入ったワッフルクッキー。気仙沼の定番のお土産です。
1箱 980円
PAGE TOP