ブログ

2018.10.27

三陸復興道路の開通状況について

456 view

スタッフ名:早期開通を願いたい 伊東 勝正

 今回は三陸道についてお伝えします。現在、三陸復興道路(三陸道)は着々と延伸しております。気仙沼地域も部分的(大谷IC~気仙沼IC)ですが通行料が無料で通行可能になっております。仙台方面からは松島市の鳴瀬奥松島ICから南三陸町の歌津ICまでが同じく無料で通行できます。
 今後、平成30年度~31年度は開通ラッシュとなりそうです、これから約3年後位には全線開通し、大島大橋開通後の交通の便も格段に良くなりそうですね!
震災前は住宅や工場が立ち並び多くの方が生活しておりました。震災時は町が津波と火事に襲われました。
現在は大分嵩上げ工事が大分終わり、公営住宅や店舗、三陸復興道路の橋桁も見えてきました。
三陸復興道路の橋桁が見えます、気仙沼港の町並みと湾を横断する約1500mの橋で繋がります。
山を削り、海上にも橋桁を作って、平成31年度の完成(予定)に向けて近づいております。
ついでに、大島の橋はあと少し、来年(平成31年)の春に開通です。橋が開通するとフェリーも廃止になります。
それまでは「かっぱえびせん」でウミネコの餌付けでをしながら大島への船旅を楽しんで下さい。

三陸復興道路

PAGE TOP