ブログ

2021.09.15

親不知展望台の魅力

221 view

スタッフ名:古田

画像1
本日ご紹介させていただく撮影スポットは
新潟県糸魚川市にあります「親不知展望台」です。

親不知海岸は北アルプスと日本海が交わるところで、
また、糸魚川市の日本海側にある約15キロにわたる
断崖絶壁の場所になっており、昔北陸道最大の難所として、
「天下の険」などとも呼ばれる場所となっております。

断崖絶壁に沿うような形で、国道8号線と高速道路が通っており、この展望台から
その景色を一望できるようになっております。

実際に私がこの道路を利用したときの感想は、高速道路はもう海の上を走っている気分になり、
一方で、国道は対面してくる大型トラックとぶつからないかとても怖い印象でした。
制限速度もこの区間だけ30キロとなっており、狭いので、特にすれ違いには
気を使う必要があります。(大型トラックが来たら止まる車もいます。)

今回訪れたのは車の光跡を撮るために行きました。
光跡とは文字のとおり光の跡なのですが、カメラのシャッタースピードを遅くすることで、
車のライトを光跡として捉えることが出来ます。
展望台からは距離があるので、望遠レンズでの撮影になります。

親不知展望台はアクセスが難しい所ではありますが、
夕日もとてもきれいな場所ですので、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

~アクセス~
親不知展望台
休暇村妙高よりお車で約2時間ほど
駐車場10台ほど

トンネル出てすぐ右手に親不知という看板があるのでそこに入れます。
お帰りの際、富山方面から来る車等で非常に見づらいので
良く確認してから出るようにお願いいたします。
(国道8号線利用時)

 
親不知展望台からの夕日です。
PAGE TOP