ブログ

2019.07.14

信州産のウイスキーはいかがですか?

539 view

スタッフ名:伊藤

画像1
近年、日本ではウイスキーブームで、品薄状態が続く日本ウイスキー。
都内のバーでは高騰してワンショット(30mlあたり)
数万円で提供している物もあるほどです。

国内のウイスキー需要は年々減少傾向だったところ、
2000年代前半からハイボールブームがおき、
2001年の国際的なコンペティションにて『余市』が
栄誉ある受賞をしたことをきっかけに
日本ウイスキーへの注目度が高まったようです。

ここ休暇村乗鞍高原では、長野県限定の『マルスウイスキー信州』を取り扱っています。
『マルスウイスキー信州』とは
長野県唯一のウイスキー蒸留所であるマルスウイスキー信州蒸留所の逸品。
豊かな自然の息づく中央アルプスの頂点にそびえる霊峰駒ケ岳山麓に位置した、
高原の中で作られています。

信州の豊かな自然、澄んだ空気を感じさせるような爽快な味わいと、
モルトの華やかな香りが特徴のブレンデッドウイスキーです。
乗鞍高原での割り方はストレート、ロック、水割りとハイボールがございますので、
お手軽にお楽しみください。

ボトル 3,250円
グラス 520円
※ハイボールにされる際は50円追加になります。

特にハイボールは人気でご注文数も多い一品です。夜のビュッフェと一緒にいかがでしょうか?
 
PAGE TOP