ブログ

2019.07.31

健康に良いお肉はいかがですか?

512 view

スタッフ名:伊藤

本日紹介しますのは『馬刺しの2点盛』です。
赤身とたてがみの部分にあたるこうね脂の2種になります。

赤身は豚、牛肉に比べカロリーが低く、また脂質は鶏のもも肉よりも低いです。
その他にもカルシウムは約2倍、鉄分は約2~3倍もございます!

たてがみの部位は1頭から約5kgしか取れないと言われている貴重な部位で、
脂質とゼラチン質で出来ています。
70%ゼラチン質の為、口に入れた途端溶けて、独特な甘味と旨みが口の中に広がります。
ゼラチン質が多く含まれるので、お肌にもとても良いです!

馬刺しのオススメの食べ方は赤身とたてがみを一緒に食べることです!
赤身のあっさりと淡泊な味に、たてがみの脂が絡まって、とても美味しくなります。

およそ50年ほど前の長野県は脳卒中の死亡率が全国1位になったことにより、
減塩習慣をはじめた事とのほかに、馬刺しにはリノール酸も豊富に含まれていることも
長野県が日本一長寿県になった理由の一つにもなっております。

リノール酸とは【体温で容易に溶けて体内に蓄積されにくい脂肪です。必須脂肪酸とも呼ばれていてコレステロール値を下げたり、血液の循環をよくする効果がある。特に、脳卒中の予防に最適です】とのことでした。
是非、乗鞍高原にお越しになり、長野の健康食の一つである馬刺しを堪能してみてはいかがでしょうか!!

『馬刺し2点盛』
一人前 1,230円
こちらご昼食、お夕食にご提供しております。
お夕食の際レストラン内でご注文をお受け頂けますが、
フロントでご予約、ご注文もお受けしておりますので、お申し付けください。
 
画像1
PAGE TOP