観光

2020.06.23

信州旨いもの紀行4~蕎麦~

660 view

スタッフ名:中込 龍太

信州の旨いものに焦点を当てていくコーナー、第四弾です。
今回は「蕎麦」。

一般に世界で主食となる食物はイネ科の物が多いのですが、
ソバはタデ科の仲間になります。
そのためムギやコメとは生育環境がかなり異なり、
寒冷な高地や痩せた地でも栽培が可能でした。
日本では縄文時代にはすでに食料として活用されていたようです。
画像1
ソバの食べ方で一番に思い浮かぶのはそば切り(麺)でしょう。
歴史的には意外と新しく、江戸時代より始まった食べ方です。
麺の形に切り、ゆで上げたソバをワサビ・ダシ・薬味でいただく、
ソバの風味とつるつるとした触感を楽しめる調理法です。
長野県内にはそばの名店が数多くありますが、ほとんどはこの
麺の形での提供を行っています。

それ以外の方法では、そば切り以前の調理法であるそばがきが有名です。
練り上げたソバを餅にして食べるもので、江戸以前はこちらが主流でした。
味付けはソバつゆや醤油で行い、おやつや酒の肴に食べることが多かったようです。
現代でも一部の蕎麦屋ではこのそばがきを出しているお店も有りますので、
メニューにあったら是非食べてみて下さい。
PAGE TOP