ブログ

2020.12.26

かぶら寿司

272 view

スタッフ名:源野

皆さんこんにちは。

本日は石川県伝統の【かぶら寿し】をご紹介させていただきます。
江戸時代初期から金沢で作られており、冬になると食べたくなる食品として親しまれています。

かぶら寿しは、「塩漬けしたかぶ」に「塩漬けした鰤」を挟み、米糀で漬け込んで発酵させた伝統の発酵食品です。「寿し」という名前ですが、いわゆる酢飯を使った「お寿司」ではなく、馴れずし(魚を塩と米飯で乳酸発酵させたもの)の一種です。米糀を使用するため、優しく豊かな味わいと香りで、食べやすいことが特徴です。石川県では、お正月などのご馳走として、各家庭でもよく作られています。魚はブリを基本としますが、サバやニシンなどを使った物もあり、そちらも美味しいです。

かぶの甘味とブリ(サバやニシン)の酸味がお酒にもよく合います。
石川に来られた際には、是非一度お試しください。
画像1
PAGE TOP