ブログ

2020.02.21

単純ではない!宮ヶ浜の湯、単純温泉の秘密

236 view

スタッフ名:西館スタッフ 亀井

画像1
画像2
画像3
暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い今日この頃。
そんな日に入りたいのがやっぱり温泉、今日は休暇村近江八幡にございます「宮ヶ浜の湯」のご紹介を致します。
 
平成15年にオープンした、近江八幡市初の天然温泉で泉質は低張性弱アルカリ性低温泉となっています。
 
低張性というのは皮膚の表面に対する浸透圧の度合いを示しています、浸透しやすい順に高張性、等張性、低張性と3種類ございます。
 
弱アルカリ性というのは酸度を示しています。pH値7.5以上の温泉がそれにあたります。弱アルカリ性は美肌効果、酸性の場合は殺菌効果により皮膚病に効果があります。
 
低温泉は源泉の温度で、冷鉱泉25℃未満 低温泉25~34℃未満 温泉34~42℃未満 高温泉42℃以上と4種類に分かれています。
 
「単純温泉」というのは、温泉法に基づく「鉱泉分析法指針」で定義されている泉質名です。溶存物質が1000mg以下(その他の特殊成分も規定値以下)で、泉温が25℃以上あればこの名がつけられます。
宮ヶ浜の湯もそうですが、無色透明無味無臭のものが多く、成分が薄めだけに体に負担がかかりにくく、またぬる湯も多いことから、毎日でも何時間でも入ってリラックスできるという長所があり、皮膚が刺激に弱い方、お子様、高齢者の方に適した温泉でございます。
休暇村近江八幡にお越しの際は是非ご堪能ください!
 
ご宿泊の方のご利用時間
15:00~24:00、5:00~9:00 東館にはサウナと露天風呂がございます
※滞在のお客様は日帰り入浴時間もご利用いただけます。
 
日帰り入浴(東館にて)
受付11:00~14:00 (入浴は15:00まで)
※水曜日はメンテナンスの為、12:00~14:00(入浴は15:00まで)
大人(中学生以上)720円
子供(4才~小学生)310円
PAGE TOP