グルメ

2018.11.18

12月の平日・18日間限定で『新登場』

548 view

スタッフ名:小森克敬

いつも、変化球やクイックモーション的な(どんな?)内容で、
ブログを書いておりますが、今日は直球勝負です。

 
画像1

夫婦がにコース

普段、皆様が召し上がっている松葉ガニはオス(雄)なんです。
じゃあ、メスはどうなのか。

☝の写真に写っている左下の可愛い奴。これが松葉ガニのメス(雌)です。
セコガニとかコッペ、能登半島周辺では香箱カニというお洒落な名前で呼ばれています。

雄に比べてサイズが小さいので、身の部分は当然少ないのですが、
『どうしてもセコガニが食べたいのだ~』 という方が結構いらっしゃるのも事実。
それは何故かと言えば・・・・。

 

この時期限定の「赤いダイヤモンド」!

セコガニの魅力は、ズバリ内子(うちこ)と外子(そとこ)です。

内子は、甲羅の内側に付いている赤い卵巣。(上の写真左)
外子は、お腹に抱いている受精卵の事です。(上の写真右)
濃厚でコクのある内子は「赤いダイヤ」とも呼ばれています。

これだけは、サイズの大きい雄が、どんなに威張っても敵いません。

いや~、ビールが進みます (勤務外)
という訳で、雄と雌の松葉ガニ、両方を食べられるコースが新登場。
せっかくなので、「夫婦ガニ」を「お二人」で仲良くお召し上がり頂くプランにしてみました。
お二人であれば、ご夫婦・親子・兄弟・女同士・男同士・・・・ どんな同志でもOK。

セコガニの漁期が終了する12月末までの18日間限定。
ぜひ、赤いダイヤの誘惑に惑わされてみませんか?

『夫婦がにコース』
期間 12月2日~7日、9日~14日、16日~21日の18日間
料金 1泊2食17,800円(消費税込)

※料理内容等の詳細は☟のHPより
※このプランのカニは茹でガニ(雄・雌)のみ地元産です。



 

「夫婦ガニコース」の詳細・ご予約はこちら

PAGE TOP