観光

2019.07.17

海水浴シーズンの駐車場における傾向と対策

1,274 view

スタッフ名:小森克敬

画像1
梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。
☝の画像は、7月15日の海の日。梅雨の谷間の貴重な晴れ間の竹野浜海水浴場です。

日々、お客様から様々なお問い合わせを頂くのですが、
特にこの時期に多いのが・・・・
画像1

海水浴の駐車場に関するお問い合わせ

と言う訳で、竹野浜近くの駐車場について、傾向と対策をご案内します。

町内のメインビーチである竹野浜海水浴場には、「中央」「五社下」「今後谷」と3カ所の大きな駐車場があり、いずれも「たけの観光協会」が管理しています。料金はどこも1500円。ちょっと高いかなぁ、という気もしますが、ビーチに近い事を思えば車を進めたくなる額ですねぇ。

この後、梅雨が明けると「中央」は平日でもほぼ満車に。週末やお盆になると「五社下」や「今後谷」も含めて、午前11時までには満車になる事が多いです。

詳しい場所は以下のHPを参照ください。

観光協会が管理する駐車場

それ以外にも・・・・
海水浴シーズン限定の個人経営駐車場があちこちに登場。
海からの距離によって、1500円~800円まで各種あり。探せば、もっと安価な駐車場が見つかるかもしれません。ちなみに、800円の駐車場の看板には「海から200m」の文字が。
いやいやもっとなんとかならへんのか~い
という方は・・・・
画像1
竹野川の河川敷に広がる広大な『無料』 駐車場へGO!

この看板が設置されている場所が、竹野浜海水浴場まで一番近く「徒歩10分以内」との表記。グーグルマップで調べると、約600mでした。このあたりに駐車出来れば言うこと無しなのですが、場合によっては更に遠くへ行かざるを得ない。
 
どんどん南へ
更に南へ・・・・
駐車できる場所は、時間とともに竹野川の上流(南)へ。最終的には浜から900mぐらい離れてしまう場合もあるようです。

浜の近くでお子さんや荷物の積み降ろしをして、運転手だけが900m離れた駐車場へ。という案を実行しようとしている貴方。日によっては時間を大幅にロスする可能がございます。
遠方の駐車場しか空きが無いような日は、ガードマンの警告を無視して次から次へと海水浴場近くに車が突入します。結果、海岸通りで荷物の積み下ろしをする車による渋滞が発生。最奥の五社下駐車場付近では、Uターンすら出来なくなり身動きの出来ない状況も。それなのに、ああそれなのに、後から後から車がやって来る真夏のラビリンス。
結論としましては・・・・・
※ハマチカ駐車場の最高額は1,500円。距離が離れると安くなります。
※600m以上離れても良ければ、河川敷に無料の駐車場があります。
※混雑が予想される日は無理に海に近づかないのが吉。ガードマンの指示に従いましょう。


ちなみに、休暇村から竹野浜までの送迎バスもございます。
休暇村発が9:40と12:30  竹野浜発が12:30と15:30の2往復です。(休暇村~竹野浜間は約7分)
ご宿泊のお客様専用で、前日までの予約制です。ぜひご利用ください。

MORE

PAGE TOP