グルメ

2018.08.27

スペシャルコーヒー専門店のフレンチトースト

999 view

スタッフ名:濱本

休暇村南淡路から車で約40分のところにある【スペシャルコーヒー専門店】の『タワーコーヒー』へ行ってきました。

『タワーコーヒー』はドラマ化された小説「リバース」の作中に出てくるカフェのモデルとなっているそうです。
小説「リバース」の著者は『告白』・『夜行観覧車』・『Nのために』など執筆した、洲本市在住の「湊かなえ」さんです。

こちらのコーヒーの美味しさに衝撃を受けた「湊かなえ」さんは、執筆活動の合間を縫っては毎日のようにカフェに訪れるという惚れ込みようだそうです。
「良い作品作りの為に、ここのコーヒーは欠かせない物なの」だと語っているそうです。
画像1
画像2
さっそく店内に入るとすぐにコーヒーのいい香りがしました。
1階はコーヒー豆を販売していて、たくさんのコーヒー豆が壁の棚に並べてありました。
今回はカフェ利用ということで2階へあがってカフェスペースへ。

カフェスペースにもコーヒーのいい香りがほのかに漂っていました。
すごく心落ち着くスペースです。

さて早速メニューを見ると私の好きなフレンチトーストがあるではないですか。
それとプラスコーヒーを注文しよと思いメニューを見ると「リバースコーヒー」の文字が目に止まり興味本位で注文しました。
 
画像1
画像2
スタッフの方が「リバースコーヒー」を持ってきて一緒に砂時計がテーブルに置かれ「砂が落ちるまでお待ちください(^v^)」と。
3分ほど待ってからコーヒーをカップに注ぎはちみつ投入!!

おお、ほのかに甘い。これは砂糖をいれるより美味しいですよ。
しかもコーヒーの香りが今まで飲んでたのは本当にコーヒーだったのか疑問に思うほど無知な私でもいい香りなのが分かります。
 
画像1
画像2
さて次は本題のフレンチトーストです。
バケットのフレンチトーストで周りはカリカリで中がとろとろ。
これは旨い!とろとろ部分が舌の上でとろけていきます
こんなフレンチトーストは初めて食べましたよ。
とっても美味しいです。
周りには季節のフルーツやアイスクリーム、コーヒーゼリーなどがあり食べ応え抜群です。

幸せに包まれながら食べていると、看板犬の「ゆきちゃん」がとことこと2階に上がってきてこっちをじっと見つめていました。
後から聞いた話「ゆきちゃん」は大のフレンチトースト好きだそうです。
それはそのはず。このフレンチトーストを食べた生き物は好きになると思いますよ。


皆様ぜひ淡路島にお越しの際はワンちゃんも魅了するフレンチトーストと幸せ気分になるコーヒーを召し上がってみてはいかがでしょうか。



住所:〒656‐0013 兵庫県洲本市下加茂1丁目2‐21
TEL:0799‐26‐3715
営業日:水曜日~日曜日
営業時間:10:00~19:00
(カフェラストオーダー17:00)
定休日:毎週月曜日・火曜日
PAGE TOP