グルメ

2020.07.25

淡路島の小屋カフェでキャンプ飯を食べよう♪

872 view

スタッフ名:レストラン 山本

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 こんにちは。この間生まれて初めてタピオカミルクティーを飲んだ
昭W人・山本です。今回は以前休日を利用しまして洲本市五色町に
あります『Chillfood Hutte(チルフードヒュッテ)』さんへ探訪した模様を
お伝えいたしマッスル。
 
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 緑豊かな小高い丘に今年オープンしたニューフェイスの山小屋カフェ。
ホントの話、コウノトリが飛んでくるほどの❝日本の原風景❞が炸裂する
スポットで、探訪当日が晴天だったこともあり、もう私のテンションは
アガりまくりMAX!いや~、この絶景には超癒されマスカラス♪
 
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 「おお~、楽C♪」まあ何ということでSHOW!小屋の周りにはお子様が
楽しめる遊具もたくさん揃えてありんす。キャンプ場も3サイトありますが、
探訪当日はキャンプ場の予約が入っていなかったようで、キャンプサイトの
芝生上にバドミントンセットが置かれていましたZOI。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 キャンプ好きが高じて、DIYで山小屋を作ってしまったというオーナーの
キャンプ愛が溢れるお店はとても居心地良好なのデス☆ 特にテラス席では
森林浴が楽Cめて、あ~!このハンモックで昼寝なんてしたら、もう最強!
なんて容易に妄想できちゃいますYOうい~ん♪
画像1
画像2
画像3
 今回は予約限定のランチメニュー『お野菜たっぷりスキレットセット』(税込1,100円)を
テラス席で頂きますZOH。「うひゃ~豪華!」出ましたOMG(オーマイガ)!
このビジュアル、たまりませんヌ。なるほどぉ、❝キャンプ飯❞とは良く
言ったもので、キャンプ用具の食器を使用するなんて何とも心憎い演出が
施されていマッスル。
 
 
 お!お箸入れに使っているこのミニ飯盒って、なかなかの激レアさんじゃありません?
ママさんに教えてもらいましたが、コレってアンティーク雑貨屋さんで仕入れた某軍の
本物なのですと!まあ何というオシャンティシャンティー♪ GJ(グッジョブ)デス☆
 
画像1
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 さあ♪まずはサラーダからファルっと頂きマスカラス!
本日のお野菜プレートはコチラ!ファンファンファ~ン♪・・・
  ●もろきゅう
  ●ゴーヤのツナ和え
  ●プチトマト・2種レタス・ニンジンのサラダ
  ●春雨コールスロー
  ●なすとピーマンの味噌炒め
  ●赤たまねぎの甘酢漬け・・・、このような感じドスカラス♪
地元で採れたお野菜を中心に、オール淡路島産の新鮮野菜を使用したキャンプサラダ、
「もう美味すぎ~!」デス☆ いや~、こりゃ予約して正解ですZOH。連続画像で色鮮やかな
ダーサラの世界をお楽しみくださいマッセ♪
 
画像1
画像2
画像3
画像4
 前菜のダーサラをファルった後は、いよいよメインのスキレット、本日は
煮込みハンバーグを頂きまっSHOW TIME!「オホ=!14(ジューシー)♪」
もう肉汁が溢れるのYO~!ママさんが仰っていましたが、合挽肉の表面を
焼いて肉汁を閉じ込めてから一旦肉を寝かせることが、煮込みハンバーグを
美味しく仕上げるポイントなのだそうで。コレはもう白ごはんと一緒に頂く
しかないでっSHOGUN!「うひゃ=!もう最っ強♪」天下のキャンプ飯、
ここに降臨しましたZO。口の中で幸せのハーモニーを噛みしめマッスラー。
画像1
画像2
画像3
画像4
 ハンバーグの旨味がたっぷり移ったソースを頂かない手はナッティンG!
ランチの〆として、スキレットに残ったハンバーグソースを白ごはんの上に
ファルっとかけて、残しておいた赤玉ねぎの酢漬けも一緒にドーン!「しゅ!
しゅんでる♪」ハンバーグの下に敷いていた淡路玉ねぎに、肉汁たっぷりの
ソースが染み込んで、もの凄い旨味が炸裂していMAX!いや~素晴らC!
オニオンスープも頂きながら、今回のファルファル劇場、これにて感動の
フィナーレなのデスティニー☆
 
 
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 絶品ランチを頂いた後は、アイスコーヒーを飲みながら食後の余韻に浸り
ましたYOウィ~ン。WOW!ガムシロップを入れる容器にまでキャンプ食器を
使用するという、この細部にわたるこだわりぶり!コレってマジ革命YO!
 
 
 ふぅ~♪アイスコーヒー片手に森林浴をリンリンと楽しめるなんて、まあ
何と贅沢なヨウィ~ンTIMEなのでっSHOW!食後にハンモックで昼寝する
姿を一人妄想しながら、シャキ=ン!とサムアップをキメましたYON♪4♪
 
 
画像1
 いや~、もう大満足デス☆☆☆ ママさん、どうもごちそうさまでした!
 

 皆様、当『オッスおら山本ブログ』では、これからも淡路島の魅力的な情報を
紹介して参りマッスル。次回もまた見てくださいね♪ ジャン♪ケン♪呉ン♪ ンフフフフ♪
 
画像1
撮影協力:『Chillfood Hutte』TEL 0799-20-2002  ※月曜定休日(不定休有り)
       休暇村南淡路より車で約30分
 
PAGE TOP