グルメ

2020.12.29

淡路島の、川のほとりのカフェ探訪

734 view

スタッフ名:レストラン 山本

 こんにちは。この間休日を利用しまして淡路市岩屋にありますカフェ『IWAYA COFFEE(イワヤコーヒー)』さんへ
行って参りました。
 
画像1
 オープンしたのは今年の9月、SO!真冬なのに激アツという淡路島のほやっほやニューフェイスなのデス☆
こちらのお店、実は地元でサンドイッチの人気が炸裂という情報を聞きつけまして、私満を持しての初探訪へ
レッツサンYONゴーGO呉=2020 FINAL!して参りましたZOH。
 
 岩屋港へと流れつく河川の傍にある『IWAYA COFFEE』さん。いやいや、お店近くの橋の上から川沿いの集落を
眺めているだけでも日本情緒がありまくるという好立地ですZO。お店の外観に、通称“岩屋ブルー”と呼ばれる
ターコイズブルー系の青色をメインカラーに使うあたり、匠のセンスを感じずにはいられませんヌ。探訪当日が
晴天でしたので、お店が川・海・空にとても良く映えていマッスラー。何というか、お店の看板を見ていましたら
『ライ〇ンキ〇グ』を思い出してしまったのは私だけでしょうか?し~んぱ~いナイサ=!! あとプチ情報ですが、
同じ通りに先月(11.22)紹介しました『39Pahuna(パフナ) ナン屋ねん』さんがありますYO。SO!今岩屋がアツいのデス☆
 
 外観とは異なり店内はとてもシックで落ち着きのある、少し和風テイストも取り入れた匠の空間と言えまSHOW。
隠れ家的な雰囲気もありますので、一人利用でも全く抵抗感はありませんZO。お、雑貨コーナーにプロ野球選手の
サインが飾られていマスカラス。誰のサインかは見てのお・た・の・し・み♪
 
画像1
 店長に話を伺いましたが、こちらのコーヒーは『スペシャリティコーヒー』の焙煎豆を使用した本格派。深煎り豆と
浅煎り豆が用意され、豆だけ買いに来られるファンの方もいらっしゃるSOHで。それではさっそく、コーヒーと
話題のサンドイッチを注文いたしまっSHOY! ファンファンファ~ン♪ファイナル~♬
 
 コチラは『IWAYA COFFEE』さんを代表する深煎りコーヒーの『岩屋ブレンド』。ケニア産の豆とコロンビア産の豆を
ブレンドした、酸味と甘み、そして程よい苦味が味わえるそうですが、「・・・いやよう分からんけど美味C!」
さすが深煎り、しっかりとした苦味がたまりませんヌ。とても良いデス☆ あと、この手作りのミニトレイなんて
おもてなしの心意気が感じられて、とても好感度がUP↑しちゃいますZOE。
 
画像1
 しか=しここで問題が発生!私が食べたかった『たまごサンド』や『生ハムサンド』などの、いわゆる“おかず系”
サンドイッチが午前中に完売してしまったことが判明!OMG(オーマイガー)!ま!マジッSKY??うっそ~ん、
お昼過ぎに伺ったのに売り切れなんて、もう人気ありすぎデスメタル☆ で、結果今回はスイーツ系の『季節の
フルーツサンド』を2つ注文しましたYO。それでは、今年最後の実食に参りまっSHOW TIME 2020 FINAL!
 
このビジュアルに度肝抜かれがち~W『フルーツミックス』
当館のイチゴ好きスタッフ~・ABEさんにも報告だZOH!
 「OHO=!美味ウィ~♪」何ですかこの『フルーツミックス』の迫力と美味しさは!ハーフカットされたミカンが
まるでヒマワリのYOHに花開いてますZOH。私が昭W時代に食べていた“フルーツサンド”って、生クリームの中に
缶詰めのミカンがチョイチョイっと入っていただけのYOHな記憶があるのですけど・・・いや~、こちらの
フルーツサンドは凄いビジュアルに進化しまくっていMAX。これって革命的!? レレレのレボリューション!


 『フルーツミックス』に入っているミカンは、昨年(2019.11.25)探訪しました“農園カフェ”こと『KUSAKA
HOUSE(クサカハウス)』さんを運営されている、地元淡路市草香の『名手農園』産温州みかん。私も良くコチラの
『温州みかんジャム』を買いに行きマッスルガー、甘みの強~い淡路産のミカンですZO。ミカンとクリームの甘みに
淡路産キウイの酸味がとても良いアクセントになっていましたYOIYOI♪
 
 『いちごサンド』は王道の美味しさドスカラス。う~ん、やっぱりスイーツに酸味って大切な要素なのですねぇ。
こちらの大粒イチゴは淡路市野島の『グリナリウム淡路島』産。イチゴ狩りが楽しめる施設としてとても人気が
ありマスカラス。店長に伺いますと、時期によってフルーツの品種や仕入れ先も変えているそうで、四季を通じて
様々な“淡路島産のフルーツサンド”を展開していくSOHですYO。実に素晴らC!
 
  昭W人が一人、口の周りをクリームまみれにしながらお皿をファルファルっと平らげる様をイマジンしながら
サムアップをご覧になってくださいマッセ♪「あ!このお皿って?」店長に確認しましたら、やはり洲本市五色町
『樂久登窯(らくとがま)』の物でした。いや~ホントにセンスが高い!
 ふう~、ペロりんちょ♪ フルーツサンドを瞬殺し、『岩屋ブレンド』を飲みながら食後の余韻に浸りました
YOウィ~ンFINAL♪ この丸みを帯びたコーヒーカップもオシャンティーで可愛らCですよね?ハイ、そうです。
こちらも『樂久登窯』のカップですZOH。私はブラックで深煎りコーヒーを頂きましたが、店長曰く、淡路島牛乳を
たっぷり使ったカフェラテもおススメということデス☆ 深煎りを牛乳で割ってもいい♪
 
画像1
 いや~、美味しかったぁ! 店長、どうもごちそうさまでした!

 
 皆様、当『オッスおら山本ブログ』ではこれからも淡路島の魅力的な情報を紹介して参りマッスル。
来年もまた見てくださいね♪ それでは良いお年を! ラ~レミファンソンラシ~♬
 
画像1
撮影協力:『IWAYA COFFEE』 TEL 080-4492-2130   住所 淡路市岩屋1007-1
               休暇村南淡路より車で約55分  ※不定休
 
PAGE TOP