ブログ

2021.04.03

東山魁夷ブルーに出逢った! ~早春に五色沼を訪ねる

345 view

スタッフ名:高梨

画像1
 どの季節でも美しい姿を見せてくれる五色沼湖沼群ですが、樹木が芽吹く前の3~4月は一層色が冴えわたり、心躍る探訪となります。それで最近、五色沼自然探勝路全3.6㎞を歩いてきました。
 
 これは私の個人的な楽しみ方になりますが、道中、私には日本の国民的風景画家、東山魁夷の絵のイメージ(特にブルー)が幾度も思い起こされ、また同様に北欧フィンランドの国民的作曲家、ヤン・シベリウスの音楽の一節も心の中に響いてきます。
 ともに「森と湖」に切っても切れない関わりのある芸術家であり、裏磐梯や五色沼も、まさに「森と湖の国」だからです。

 では早速、五色沼自然探勝路にある名称の付いた8つの沼の今の色を、東側の入り口から順にご紹介いたしましょう。

    (今日の写真は、すべて2021年3月30日、黄砂で遠くがかすむ日の撮影です)
1、毘沙門沼(びしゃもんぬま)
2、赤沼(あかぬま)
3、深泥沼(みどろぬま)
4、竜沼(たつぬま)
5、弁天沼(べんてんぬま)
6、瑠璃沼(るりぬま)
7、青沼(あおぬま)
8、柳沼(やなぎぬま)
 
次に、色だけでなく各沼全体の、今のたたずまいをご紹介します。
画像1
  1. 1、毘沙門沼
       最大、最下流の沼で、すべての沼の色を統合した、青緑系の色をしています。

     
画像1
  1. 2、赤沼
       最も酸性の強い沼で、周りには赤い鉄分の沈着があり水は鮮やかな抹茶色です。

     
画像1
  1. 3、深泥沼
       ひとつの沼が、青系、緑系、赤系(鉄分)の三色で構成される不思議な沼です。

     
画像1
  1. 4、竜沼
       弁天沼と柳沼からの異なる水質の融合で、幽玄な雰囲気をたたえた沼です。葉っ ぱが茂りだすと見えにくくなる沼です。

     
画像1
  1. 5、弁天沼
       広々として鮮やかな色の優美な沼。私には「白馬」が幻のように見えます。

     
画像1
  1. 6、瑠璃沼
       最も源流に近く深い青色をしていますが、逆光で見えにくいことが多いです。

     
画像1
  1. 7、青沼
       弁天沼の色(青色)に白色を加えたようなパステルトーンの沼です。

     
画像1
  1.  8、柳沼
       ただ一つ中性の水質の沼で、魚類や植物プランクトンが多い、緑色の沼です。


     さてどの沼や景色が、東山魁夷トーンなのか、シベリウス的情景なのかは、指摘できそうで、なかなかできません。でも探勝路を全部歩くと、どなたも納得できることでしょう!

     
    最も鮮やかな色合いを見せる今の時期、ぜひ五色沼自然探勝路を歩いてみてください。


     
  1.  
     
     
     

MORE

PAGE TOP