ブログ

2019.05.14

カラスガセン登山道の最新情報~烏ヶ山(からすがせん)~

749 view

スタッフ名:久保昌之

5月10日(金)現在の烏ヶ山(水の山)登山道の様子をお知らせ

烏ヶ山(からすがせん)とは、
大山山頂より南東方向に見える
尖がった山ですが、
大山山系のひとつの山です。

見た目でわかるように急峻な山で
「西日本のマッターホルン」とも言われて、
非常にマニアックな山です。
一昨年より、某飲料水のCMで
超有名な女性シンガーが
登った山でも知られています。
 
2000年に鳥取西部地震で
山頂手前の岩場が崩れて
15年以上も登山禁止に
なっていましたが、
2016年より解禁となりました。
 
登山道自体はある程度
整備されていますが、
一部ヤブ漕ぎに近い場所とか、
急峻な岩場、ロープ場があり、
それなりに注意して登ってください。
 
今日の場合は、休暇村奥大山の
キャンプ場近くから登り、
新小屋峠の登山口まで
周回しましたが、
キャンプ場からは
非常に危険な場所があり、
不慣れな方は、
新小屋峠の往復をお勧めします。
 
登山道ではオオカメノキ、
タムシバ、クロモジ、
ショウジョウバカマ、
スミレサイシン、
ミヤマカタバミ、サンカヨウなど
春の花がたくさん見られ、
登山道自体が狭いので
大山夏山登山道よりも
間近で見ることが出来ます。
また、大山では
あまり見られなくなった
イワナシもきれいに咲いています。
 
注意する点としては、
ザックの外にチャラチャラと
いろんな物をつけないことが一番です。
木の枝に引っ掛けて
転倒する恐れがあります。
足元をよく見て歩かないと
木の根っこに引っ掛けることも
多々あります。
岩を乗り越える場所もありますので
三点支持が確実に出来ること。
雨降りの後などは
滑り止めの付いた手袋も
あったほうがいいでしょう。
 
ストックは登り始めは役に立ちますが、
ロープ場では邪魔になるので
ザックに付けた方が安心です。
ただ、ストックも
正しい使い方をマスターしないと、
単なる杖の代用品として考えると
逆に肩を痛めます。
必ず、バランス保持として使いましょう。
 
この烏ヶ山も含めて
鏡ヶ成には象山とぎぼし山があり、
カタクリが満開ですので、
ぜひ一度は登ってみる価値はあると思います。
 
登山というのは楽しいスポーツですが、
同時に危険も伴います。
安全に登れるようにお気をつけください。

また、動画については、
鳥取県米子市在住の写真家の方より
リンク許可を頂いた内容となっております。
他にも、大山近辺の山々での動画をアップ
されておられますのあわせてお楽しみ下さい。
 
キャンプ場からの登山道
新小屋峠からの登山道
オオカメノキが満開

花期は4~6月、白色の小さな両性花の周りに大きな5枚の花弁を持つ装飾花が縁どる
新小屋峠より1230m付近から見た山頂
クロモジが満開

クスノキ科の落葉低木
枝を高級楊枝の材料とし、
楊枝自体も黒文字と呼ばれる
香料の黒文字油がとれる
サンカヨウ

花期は5~7月
茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個つける
イワナシ

花期は5-6月
枝の先端に総状花序につき、
3-8個の淡紅色の花をつける
分岐手前のガレ場
分岐の木柱
ガレ場の分岐を上から見る
超有名な女性シンガーが
登った"といわれる"岩
南峰頂上より北峰を見る
北峰山頂より見た大山東壁
山頂

標高1448m

山陰のマッターホルン「烏ヶ山」登山ツアーご予約はこちらから

ネットから登山届はこちらから

全国各地の山の様子など「山と渓谷社」のHP

鳥取県在住 写真家の方のサイトより
PAGE TOP