お知らせ

2020.04.14

新型コロナウイルス予防策について【9月12日更新】

8,334 view

スタッフ名:休暇村嬬恋鹿沢

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
【2020年9月12日現在】
いつも休暇村嬬恋鹿沢をご利用いただき、誠にありがとうございます。
当館では、新型コロナウイルス感染症の予防策として、以下のとおり対応しております。

①検温の実施
 検温の機械を設置し、館内にご入館する全てのお客様を対象に検温を実施しています。
 37.5度以上の発熱や風邪症状が認められた場合は、保健所の指示に従いご宿泊をご遠慮
 いただく場合がございます。

②混雑(密)の回避
 ■レストラン
  ・テーブルの数をコロナ禍前より2割減らしました。
  ・レストランの混雑時には、大広間もお食事会場として使用します。
  ・チェックイン時に混雑の少ない時間帯をご案内しています。
  ・お客様のご人数により、営業時間を延長します。
 ■温泉大浴場
  ・使用できる脱衣ロッカーの数を減らし、一度にご入浴できるお客様の人数を限定します。
 ■エレベーター
  ・1度にご乗車いただける人数を4名以下にてお願いしています。

③ビュッフェ方式におけるお食事
  ・ビュッフェラインにはスニーズガード(料理カバー)を設置。蓋つきの器具や、小皿に
   盛ってご提供するお料理を増やしています。
  ・レストランの全てのテーブルに、消毒用アルコールとビニール手袋をご用意しています。

 【お客様へのお願い】
  ・レストランご入場の際、マスク着用と手指のアルコール消毒をお願いします。
  ・お料理を取る際は、マスクとビニール手袋の着用をお願いします。
  ・大きな声を発しての会話はご遠慮ください。
  ・レストラン入り口前にテイクアウト用コーヒーをご用意しています。お部屋でゆっくり
   珈琲タイムをお過ごしください。


④館内の消毒や清掃等
 ■アルコール消毒液の設置■
  ・玄関、フロント、レストラン、パブリックトイレ等に消毒用アルコ―ルを設置しています。
 ■清掃■
 ・客室は十分な換気を行い、ドアノブや各スイッチ、窓ノブなどお客様の手が触れる箇所は
  アルコールでふき取りをしています。
 ・フロント、売店にキャッシュガード(アクリル板の仕切り)を設置しています。
 ・フロントペンは、お客様がご利用の都度、アルコールでふき取ります。
 ・ルームキーは、お客様にお渡しする前にアルコールでふき取ります。
 ・階段の手摺、エレベーターのボタンなど、お客様の手が触れる箇所は定期的にアルコールで
  ふき取ります。
 
⑤従業員について
 ・出勤時に検温と体調チェックを行い、マスクの着用を基本とし、こまめな手洗いとうがいを
  徹底しております。

 
【玄関】
全てのお客様に検温をお願いしています。
【玄関】
入館時はアルコール消毒にご協力ください。
【チェックイン】
お使いいただくルームキーは2本とも事前にアルコール消毒しています。
【館内】
お部屋の清掃後にドアノブをアルコール消毒します。
【エレベーター】
様々な方々が接触する箇所はこまめにアルコール消毒します。
【エレベーター】
1度にご乗車頂けるご人数を4名様以下としております。
【フロント・売店】
フロントと売店にアクリルボードを設置しています。
【温泉】
ご利用いただけるロッカーの数を減らしています。

お客様へのお願い

■ご旅行前には検温などの体調チェックを行っていただき、発熱がある場合や風邪症状が
 みられる場合には、ご旅行をお控えください。

■ご旅行中には「新しい旅のエチケット」を実施ください。「新しい旅のエチケット」パンフ
 レットはフロントでもご用意しています。

■検温、チェックイン時のご本人確認。3密対策をはじめ、感染予防に関してご理解とご協力を
 お願いいたします
 ・館内ご利用のお客様には、パブリックスペースでのマスク着用をお願いしております。
  マスクをお持ちでないお客様はフロントにてご購入ください(1枚50円)。 

「新しい旅のエチケット」はこちら

おいしい群馬ビュッフェ

休暇村嬬恋鹿沢の「おいしい群馬ビュッフェ」とは・・・
寒暖差の大きい嬬恋高原で育った新鮮な高原野菜を始め、上州や信州の食材・郷土料理など、約50種類の料理が並びます。オープンキッチンでは赤城ポーク鉄板焼きや季節の天婦羅など、目の前で調理した熱々のお料理を。嬬恋の清流で育った川魚や下仁田蒟蒻など、年間を通して群馬県の食材を50%以上使用しています。
朝食もビュッフェ形式でご用意いたします。
画像1

嬬恋高原野菜が旬を迎えています!

なんといっても「50年連続夏秋キャベツの生産量日本一」の嬬恋村! 
6月~10月の4か月間で、約160,000,000玉が出荷されるんだそう。
・標高800~1400mの高地で栽培されるため、高温や干ばつに弱いキャベツに最適な環境。
・嬬恋村の6月から9月の平均気温15~20度が、キャベツが育つ適温とピッタリ重なっている。
・夏の降水量が多く昼夜間の温度差が大きい。
・黒ボク土と言われる火山灰土の腐食土壌が多く、高原野菜の栽培に適している。
といった点から、とてもおいしいキャベツができるのです。

もちろん、嬬恋産の高原野菜はキャベツだけではありません。
トマト、水ナス、トウモロコシ、レタス、ブルーベリー、ズッキーニ・・・・・・・。
ジューシーで甘みのある「旬の野菜」を、ぜひご満喫ください。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
安心してお食事をお楽しみいただくために
【ビュッフェ】スニーズガードを8か所に設置しています。
【レストラン】全てのテーブルに、手袋と消毒液を配備しています。
PAGE TOP