ブログ

2020.11.18

オープンまであと少し

671 view

スタッフ名:奥村

最近、気温が落ち込み氷点下となる日が増えてきました。部屋の温度も朝方は5℃を切り出す日が何日があり、さすがにストーブを付けることに、、、
ここまで冷え込むと「そろそろ雪が降るのでは?」と心配になります。ちなみに少し前ですが朝方雪が舞っていました。
こうなるともう少しでスキー場がオープンするのではと思い「湯の丸スキー場」、「鹿沢スノーエリア」のホームページを覗いてみるとなんと、、、、
湯の丸スキー場ホームページ
首都圏に一番近い天然パウダースノーリゾート
鹿沢スノーエリアホームページ
キャッチコピーは「集え!アスリートたち!」何故か惹かれます。。。
どちらも車で15分以内のスキー場がオープン間近に、もともと湯の丸スキー場、鹿沢スノーエリアともに21日オープンを予定していましたが、スノーエリアのホームページにあるように最近暖かい日が続きオープンが1週間ずれ込んでしまいました。。。少し残念ですが気温はどうにもならないので仕方ありません。
しかし埼玉県民の私からすれば「11月中にスキー場がオープンするなんてどんな気候なんだ??」といったところです。
厳密には人工降雪機で雪を作っているので11月中にオープンできるというわけです。

 
鹿沢スノーエリアの駐車場からの写真
人工降雪機での雪作り、11中旬なのにゲレンデが白くなっていました。
 お隣の長野県軽井沢町にある軽井沢プリンスホテルスキー場は現在人口雪で営業中、アイスクラッシュシステム(人口造雪機)と言う外気に影響されることなく雪を作ることのできる機械のお陰で11月3日~という驚異的な速さでオープンを可能に、こんな早くから羨ましいです。

 ちなみに当館から車で1時間以内のスキー場は 鹿沢スノーエリア(約5分)、湯の丸スキー場(約10分)、パルコール嬬恋スキーリゾート(約40分)、草津温泉スキー場(約50分)、万座温泉スキー場(約1時間)、休暇村周辺はスキー場だらけ!これから突入するスキーシーズン、ぜひここ鹿沢に足を運んでみてはいかがでしょうか?

連日の気温上昇によりオープン延期となりました。

PAGE TOP