ブログ

2021.07.17

意外と近い標高2000メートル

537 view

スタッフ名:奥村

 今回、初めて池の平まで登ってきました。去年は散々、湯の丸までは登っていたにも関わらず、池の平は「いつでも行けるし、、、そのうち登るか~」なんて思っていたら いつの間にか1年過ぎていました(笑)
画像1
画像2
距離 約9.18キロ
獲得標高 約749メートル
難易度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
路面状況 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆

 当館を出発し、いつも通り「湯の丸」まで登ります。所要時間は(自転車で)約30分程度
湯の丸から池の平まで車で15分、徒歩90分程度になります(自転車では30分程度です)。

「湯の丸高原ビジターセンター」の前を左に曲り池の平湿原方面へ登ります。ビジターセンターの反対側には高地トレーニングでアスリートが利用する「GMOアスリーツパーク湯の丸」があります。

写真の建物は屋内長水路(50メートルプール)です。
画像1
画像2
画像3
 道なりにひたすら登ると、いきなり辺りが開けます、それもそのはず、ここは第6ゲレンデのど真ん中、そして今登っている道路もスキーシーズンはカモシカコースに変わります。スキーシーズンの真っ白な景色とは打って変わって一面緑です。3か月前はここでスキーをしていたのに、何とも不思議な感じがします。
そんなことを考えながらガシガシと登っていきます。

そして到着しました!!
画像1
画像2
 よく見ると現在地の標高2061メートル⁉

いつの間にか2000メートル以上にいました。。。意外です(確かに涼しさは2000メートル級の涼しさです)
高峰高原、アサマ2000パークへ繋がるコマクサ峠
池の平湿原から先グラベルロード(砂利道)になっています。私も近い内チャレンジしたく思います
 ひと通り写真も撮ったので、下ります。
やっぱり2000メートル以上からの下りは寒いですね。汗冷えもありブルブルします。。。

発見しました!!自転車乗りの天敵、‟道路のあみあみ”ことグレーチング蓋です
画像1
画像2
25Cのタイヤが余裕でハマる幅の隙間があります。
自転車の下りは簡単に60キロ近く出てしまうので要注意です。また、道路のうねりやひび割れが多く、下りはとにかく気を使います。寒冷地の道路は痛みが激しいので仕方ないのですが、路面状況は悪いです(自転車の場合はですが。。。)
車やバイクであれば、そこまで気にならないかもしれません。


そんな池の平湿原ですが、車であれば当館から30分程度ととても近く、湿原に着いてしまえばアップダウンは少なく散策ルートも整備されています、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

MORE

PAGE TOP