ブログ

2019.11.13

乗鞍で会える(かもしれない)動物たち

756 view

スタッフ名:松沢

紅葉シーズンが過ぎ、
冬直前ならではの寂しさを醸し出す乗鞍高原。
散策コースを歩いていても、人とすれ違う頻度が少なくなってしまいました。
しかし!
人気(ひとけ)の少ない森の中では、色々な動物と出会えることがあります!
という訳で、乗鞍高原で出会えるかもしれない動物たちの紹介です。
 
「シジュウカラ」
乗鞍高原では比較的見られやすい鳥です。
この鳥の一番の特徴は、
文法を使って仲間と話ができること。
人間以外で文法を使える動物は、
シジュウカラだけとされています。
「ニホンザル」
今年になってから
休暇村周辺で見かけるようになりました。
食べるものが少ないこれからの時期は
主に木の皮を食べます。
ニホンザルは世界で唯一
雪の降る環境で暮らすサルです。
「カモシカ」
シカとついていますがウシの仲間です。
近年増え続けるニホンジカの影響で
数が減っている貴重な動物です。
自慢の強靭な脚力で
急斜面を駆け上がることができます。

他にもキツネやリス、ウサギなど
乗鞍高原にはたくさんの動物が暮らしています。
耳を澄ませながら散策すると、
動物たちの息遣いが聞こえてくるかもしれません。
PAGE TOP