観光

2018.04.15

桜開花情報~小諸懐古園編~

1,191 view

スタッフ名:柏木

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
春は桜の季節~♪
ということで今回は、休暇村乗鞍高原から車で約2時間のところにあります
小諸市の「懐古園」に行って参りました★

「懐古園」は、小諸城址に残る「三の門」や苔むした野面石積の石垣、
樹齢500年といわれるケヤキの大樹の中、
四季折々の風情が楽しめる公園です。

小諸城は、武田信玄のころ山本勘助らにより現在の縄張りとし、
豊臣秀吉天下統一のとき小諸城主となった
仙石秀久により完成された城です。

城下町より低い位置に城を築いた「穴城」は
全国でも珍しい城で「日本百名城」でもあります。

仙石秀久が築いた「大手門」や野面石積みの石垣は
400年前のまま当時の姿で残されています。

また、明治の廃藩置県により役割を終えた小諸城は、
本丸跡に「懐古神社」を祀り「懐古園」と名付けられました。

現在の「三の門」に掲げられた扁額は
徳川宗家16代当主・徳川家達の筆によるものです。

桜と歴史に触れることができる心地の良い場所です。
ぜひ、少し足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか?
PAGE TOP