ブログ

2018.01.21

風と雪の織り成す造形美

1,439 view

スタッフ名:貝沼

この写真のように、木々の枝に付着した、光り輝く氷層をご覧になったことはありますか。

この氷層は、風の強い時に風上に向かって羽毛状に成長するという特徴があり
その形状から「エビの尻尾」と呼ばれます。

休暇村の近くですと、紋別岳の山頂付近で見ることができます。
紋別岳の登山口までは、休暇村より徒歩約25分。登山口から山頂までは約2時間。

山頂まで分かり易い登山道もあり、冬山初心者にも登りやすい山で、練習にもおすすめです。

尚、登山の際は、着替えや防寒装備など、しっかりとした準備をしていきましょう。
画像1
画像1
画像1

MORE

PAGE TOP