観光

2019.06.11

ブラコモリ

849 view

スタッフ名:コモリ カツユキ

街歩きの達人(ではない)休暇村スタッフのコモリさんが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る(かもしれない)「ブラコモリ」。

話題の出来事や街に残された様々な痕跡に出会いながら、街の新たな魅力や歴史・文化などを再発見します。(しない事の方が多いです)


※NHK「ブラタモリ」のHPより抜粋加筆
画像1

6月11日の「ブラコモリ」は、兵庫県最北端の竹野町へ!

現在は人口4000人の小さな町ですが、江戸時代には北前船の寄港地として栄え、日本地図を作った伊能忠敬も宿泊した事があるんだとか。

そんな竹野町の最大の特徴は・・・・・



迷路のように広がる路地。








撮影:たけの観光協会 シマコウタさん
潮風や湿気による腐食を遅らせるため、壁材に焼いた杉板を使用した家が多くあり、黒い壁に囲まれた路地が、迷路のように広がっています。

腐食しやすい下段だけを張り替えられるよう、縦では無く横向きに板を貼っているんだそう。
(このくだり、ブラタモリっつぽい)
画像1
古い井戸や玉ねぎがぶら下げてある、懐かしい風景がここそこに。

撮影:たけの観光協会 シマコウタさん



路地の向こうには日本海。

歩き疲れたら・・・・・

地元の方が運営するお休み処「なごみてぇ」がオススメ。
竹野在住数十年の方々が、交代で店番をされているので、深くて味わい深いお話が聞けるはず。

隠れた人気メニュー「ノンアルコール甘酒」は、地元のお醤油屋さんが麹だけで作った本格派。温めたものと冷やした二種類、生姜もお好みに合わせて提供してもらえます。
(お~、この情報もブラタモリっぽい)

「なごみてぇ」のHP

「迷路のような路地」とは言いましたが、実際には300m×400mぐらいの範囲なので、(残念ながら?)迷う心配はありません。たけの観光協会や休暇村では、街歩きの地図をご用意しています。

ちなみに、この地図を作っている団体は「ブラタケノ」さんです。
画像1
路地をブラブラ歩いていると、向こうからタモリさんが!  ・・・・という日が来るといいですねぇ。


休暇村から竹野町内までは車で5分。(送迎は相談ください)
少し山越えのハイキングコースを30分歩く方もいらっしゃいます。
PAGE TOP