グルメ

2018.11.28

淡路島の猫カフェ探訪 2018

522 view

スタッフ名:レストラン 山本

画像1
 こんにちは。この間休日を利用しまして洲本市五色町鮎原(あいはら)にあります
『toneko(トネコ)』さんへ久しぶりに行って参りました。
画像1
画像2
画像3
 淡路島の米処・鮎原にある人気のカフェ。白い外観が周囲の田畑の緑色と
コントラストを成して、とてもオシャンティーなオーラがプンプンと漂っていますYO。
いやそれにしても、看板と言い小物と言い、そして屋号に至るまで、猫好きな
店主の愛情が炸裂していますニャ~これは♪
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 清潔感のある店内は大きなガラス窓から日光が差し込み、とても開放的な空間に
なっていますYO。そして奥に見えますのが『toneko』さんの名物、キャットタワー
なのデス☆ 2階にいる飼い猫みいちゃん・たらちゃん・うずらちゃん・じゅんちゃんの
4匹が自由に下へ降りられるようになっていて、1階ではガラス越しに猫を見ることが
できますYO。
あと私の一押しポイントでもありますが、店内のBGMが『クイーン』だったり、照明灯の
傘に『ジルジャン』のシンバルを使っていたりと、店主の池澄さんが意外にロック好きで
あることも実に「才能アリ」なのデス☆
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 現在は2階の『猫の部屋』を予約制で猫と触れ合えるスペースとして使用していると
いうことで、今回特別に2階を見学させていただきました。Oh,まさに猫のSHOW TIME!
いや~コレは癒されマッスル。池澄さんからは事前に4匹が人懐っこいことを聞いて
いましたが、まあ来るわ来るわ♪もう余裕で触れ合えてしまいました。みいちゃんが
膝の上に乗ってきた時の私の顔は、きっとデレッデレになっていたことで笑w。
池澄さん曰く、いつものエサの時間に近かったので、より活発に寄って来ているという
ことでした。まあ猫たちに言わせれば、きっと「飯か?飯以外か?」という感じなので
しょうかねww。
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
 今回は『toneko』さんの超人気メニュー・『フレンチトースト』を注文しました。
さっそく実食に行きまっSHOW TIME!「WOW,うんま=い!」コレは納得の
人気メニューですね。名前こそ『フレンチトースト』ですが、使っているパンは
トーストではなくバケットです。元々硬いフランスパンをここまでしっとり仕上げるには、
時間をかけて下ごしらえを施す必要があることも池澄さんに教えてもらいました。
いや~実にいい仕事されていますね~!
お皿の脇に添えるアイスクリームに❝スーパーフルーツ❞のマキベリーをトッピング
していたりと、とても女子力の高いスイーツであると感心しきりなのでした。
画像1
画像2
画像3
画像4
 『フレンチトースト』をペロリんちょと完食した後は、『ホットコーヒービッグサイズ』で
食後の余韻を楽しみましたよウィ~ン♪ しかしコレが実にデカイ!レギュラーの
サイズと比べて約2倍の量があるそうで、1杯で2杯分楽しめる徳用サイズは実に
私好みなのデス☆ 最初ブラックで苦みを味わってから、途中でハチミツを入れて
味の変化を楽しみましたYON♪4♪
いや~美味しかったぁ! 池澄さん、どうもごちそうになりました!
 皆様も淡路島にお越しの際は是非、鮎原の❝猫カフェ❞で
癒しのカフェタイムを過ごされてはいかがでしょうか。
 

 
画像1
お問合せ『toneko』 TEL:080-5770-2828 住所:洲本市五色町鮎原上14-3
            休暇村南淡路より車で約35分  ※金曜定休日
PAGE TOP