グルメ

2021.05.18

淡路島の、高台のアンティークカフェ探訪

1,611 view

スタッフ名:レストラン 山本

画像1
 こんにちは。この間休日を利用しまして淡路市下司にあります『Cafe Rocca(ロッカ)』さんへ行って参りました。
 淡路島屈指の避暑地である、高台の複合施設『SHEVRON PLACE(シェブロンプレイス)』内に先月オープンした
激アツほっかほかのニューフェイス。前回(5/2)紹介しました『淡路島カフェ』さんと同様、今回も標高が高い所に
建てがち~と”好立地あるある”を早く言いたくなるくらい素敵なお店ですZOH。それでは私、さっそく初探訪へ
進撃=!叫べ=!GO呉=!!デス☆
 
 んまあ何ということでSHOCK!店内はテーブル席が3台と、大体10名くらいが入れるくらいの大きさですが、
何とも独特な世界観が炸裂しまくる空間デスティニー!店長にご挨拶をして話を伺いますと、内装に使用している
家具や小物雑貨は全てアンティーク物なのだSOH。床には薪ストーブが、天井にはシーリングファンがクルクルっと、
うひょ~、こりゃ何ともオシャンティーなお店だZONE。シーリングファンファンファ~ン♪
 あと注目すべきは、この多種多様な観葉植物の数KAZU!何か葉っぱカイデーなやつとか枝垂れているやつとか、
名前は知りませんがもの凄い存在感ですYOH。アンティークラジオと一緒に植物が棚上に飾られていマッスルし、
あ!コーナーの棚に”ウツボカズラ”を発見♪ 食虫植物ファンファンにはたまらない演出ですZOH。これらの植物に
囲まれた店内の風情は実にジBリっぽいというか、この居心地の良さに何とも癒されマッチョ♪
 店長も仰っていましたが、『Cafe Rocca』さんは屋外の席も大変人気があるSOHで。店前の庭席然り、さらに
1段2段上にある、白いウッドデッキにもテーブル席が用意されていマッスル。探訪当日は生憎の雨模YOHで
屋外席はクローズされていましたが、デッキ席から見渡せる大阪湾の水平線や淡路島東海岸線の街並って、ホントに
グッドルッキン’ビューですZOH。標高の高いデッキ席が人気ありがち~♪ もう納得の景観デス☆
画像1
 今回は人気の『フレンチワッフルのランチプレート』をドリンクと一緒に注文しました。それではさっそく
実食に行きまっSHOW TIME!BIG FLY!YEAHガ=!!
 まずはドリンクの『発酵レモンソーダ』から頂いてみるマスカラス。「Oh~,甘くないね♪」コレは予想通りの
大人向けソーダですZO。このソーダで割った原液は『発酵レモンの黄金蜜』で、地元でも“みかん狩り・レモン狩り”で
お馴染み『平岡農園』産のもの。レモンを砂糖でじっくりと発酵させたヘルシー原液は、ソーダのみならずサワーで
割っても最強でSHOW。オーデコロンミントの甘い香りも良いですね♪ 夢なぁ~らば~♬ウィッ!
 次はダーサラに行きますZOH。WOW!スプーン・フォークが黄金色!オリーブオイルをファルっとかけて頂き
マッスル。「おお~、上品なお味で♪」地元産の無農薬ベビーリーフサラダをオリーブオイルとハーブソルトの味付けで
ペロリんちょと。盛り付けた花も食べられるなんて凄!大変お見事な前菜でございました♪ 
 さあいよいよフレンチワッフルに行・・・くと見せかけて横の極太ソーセージに行きワッフォ=!「オホ=!
ジューC♪」店長に確認しますとやっぱりコレ、南淡路特産ゴールデンボアポーク(猪豚)でした!しかもハーブ入り
ですYOH。塩味の効いた猪豚肉のジューシーさ、皮のぷりっぷり食感、いやコレはルービーが飲みたい=!!
 

 では店長に教えてもらった通り、フレンチワッフルにエッグフィリングをファルっと乗せてテイスティンG!
「あ、これ!フレンチトーストだ♪」なるほど!だからフレンチワッフルと呼ぶ訳ですね。しっとりとした食感に
ほのかな甘味、これってコーヒーを飲みながらフレンチワッフルだけをペロリんちょしても全く問題ナッティンG
ですが、猪豚ソーセージと一緒に食べてみると、口の中が塩味と甘味で不思議なハーモニーを奏でまスイッチ。
 
 
 そういえば“フレンチトースト&カリカリベーコン”の王道コンビってありましたよね?ワッフォ~にも同様の
食べ方があるなんて、今まで全く知りませんでしたZO。ベリーGJ(グッジョブ)! セボンジョビ~ン♪
 
 サムアップをキメた後はホットコーヒーを飲みながら食後の余韻に浸りましたYOウィ~ン♪ 「おお~、いい香りだ♪」
頂いたのはエチオピア産の『野生種コーヒー』。人が栽培した豆じゃないところがワイルドでしょ~!野生種ならではの
力強い香りを堪能できる一杯ですYON♪4♪
 

 コーヒーは当然味と香りを楽しむものですが、これほどオシャンティーなアンティークカップを使われてしまったら
もう、見る楽しみも味わえてしまいますZO!『Cafe Rocca』さんにあるアンティーク食器や雑貨、家具に興味があれば、
ご近所のショップ『Rocca Awaji』さんで購入することも可能デス☆ コレは要チェックですYOH!
 
 いや~、美味しかったぁ! 店長、どうもごちそうになりました。もう超大型満足デッス☆☆☆
 
 
 皆様、当『オッスおら山本ブログ』ではこれからも淡路島の魅力的な情報を紹介して参りMAX!
次回もまた見てくださいね♪ ファ~レドファ~レド ラッソファファソ~♬
 
画像1
撮影協力:『Cafe Rocca』Instagram  cafe_rocca_awaji   ※金・土・日曜営業日
             住所 淡路市下司1521-21  休暇村南淡路より車で約45分
 

淡雪のように白い鱧(はも)料理 まもなくです!

PAGE TOP