ブログ

2018.08.19

☆迫力満点二河の火祭り☆

705 view

スタッフ名:和田

光山金剛寺では、毎年8月23日に「二河の火祭り」が行われます。約500年の歴史を持つ荒供養です。室町時代の永正7年(1510年)、金剛院裏山にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)に祀られた霊を供養するために始まったと伝えられています。
白装束に身を包んだ地元青年会の若者たちが本堂で採火し、両手に松明(たいまつ)を持って寺の裏山に駆け上がります。裏山にある目神八幡神社(めがみはちまんじんじゃ)の社前から、昔はお堂の上高く枝を張り巡らせた松の大樹に、今は張り巡らせた鉄線に、松明を振り回しながら投げます。遠くから眺めると、炎で山が赤く燃えているように見える、勇壮な祭りです。


開催場所:二河三光山金剛寺(那智勝浦町二河)
開催日時:8月23日 午後7:00~午後9:00頃
画像1
PAGE TOP