ブログ

2020.04.20

くろしおの風と自然を感じるウォーキング

605 view

スタッフ名:谷口

気温も暖かくなり、周辺の風景に色彩がでてきました。くろしおの風が吹き抜ける休暇村南紀勝浦が立地している宇久井半島でウォーキングを楽しみ、豊かな自然を感じてみませんか。周辺には展望台など、おすすめの写真スポットなど見所がたくさんあります!また、鳥たちの声が聞こえてきたり、綺麗な花を咲かす植物に出会えたり自然を満喫できます。
シャガは4月から5月にかけて咲く山野草です。花は、白地に青い斑点が特徴的です
モチツツジは、4月から5月にかけて淡い紅紫の花を咲かせます。花弁には深紅の模様が印象的です。
イワタイゲキは、黄色く色づき、遠目には菜の花のように見えます。茎から出る乳液は有毒で、触れるとかぶれることがあります。
松尾展望台から望む宇久井半島の海蝕洞
松尾展望台から望む隣町の太地町の岬
松尾展望台からは、隣町の太地町の岬まで見れ、また宇久井半島の海蝕洞も見れます。
海蝕洞とは、岩盤の割れ目など弱い部分が波の浸食によって削られた桐窟です。
波の持つエネルギーの凄さを感じることができます。里山だったなごりの畑の跡や水を貯める瓶(かめ)など昔の雰囲気を感じながら散歩を楽しめます。
 
 
フロントにて、周辺の散策マップをご用意しておりますので、
行かれる前に気軽にお声掛けください。
PAGE TOP