ブログ

2021.05.24

関越道か、上信越自動車道か、、、

431 view

スタッフ名:新井

画像1
画像2
画像3
  群馬県渋川市伊香保町にある「長峰公園」のヤマツツジが見頃を迎え、ヤマツツジの鮮やかな赤色と新緑との絶妙なコントラストが楽しめるそうです。

 この長峰公園は伊香保温泉から榛名湖に向かう県道33号線沿いにある自然公園で、標高800m、60万平方の丘陵地にあるこの公園には1万2000株のツツジが群生し、遊歩道も整備されています。また公園内にある展望台は伊香保温泉を眼下にし、赤城山などの山々を一望する景勝地となっています。

休暇村嬬恋鹿沢からは車で約90分ほどですが、関越自動車の「渋川伊香保IC」からは約20分ほどの場所にありますので、渋川方面から来られるお客様は 途中で寄られてみてはいかがでしょうか。

休暇村に近いのは関越道か、それとも上信越自動車か、、、

 お客さまからよくお問合せいただく質問事項の一つに、休暇村にお越しになる際のルートに関するものがあります。
 
 仮に上の地図のように東京方面からお越しになる場合、「上里サービスエリア」を起点とすると運転距離はほぼ同じとなります。ただ高速乗車区間が長い分 上信越自動車道(小諸IC降車)の方が30分ほど早く到着します。逆に関越自動車を使った場合(渋川伊香保IC降車)の方が高速料金がお得です。車窓からの風景でいうと、上信越道は断崖絶壁という表現がぴったりな「妙義山」に圧倒され、関越道は雄大な山容の「赤城山」が特長的です。また今の時期は八ッ場ダムの水量も多く、ダム周辺の新緑もとてもきれいです。

 結局のところどちらがいいとは一概には言えず、お客様の行程との兼合いということになるかと思いますが、どちらも魅力あるルートですので行き返りでコースを変えて両方楽しむのもおすすめです。
画像1
PAGE TOP