ブログ

2019.06.14

セミの時雨と北海道の夏

259 view

スタッフ名:ウ ジヨン

画像1
朝、野鳥の森でセミを見つけました。全体的に黄褐色で、長さは3cmぐらい、頭部と胸部に緑色と黒い色の線や斑紋の模様があるこのセミはエゾハルゼミです。アイヌ語では「ヤキ」と呼ばれていて、これは鳴き声から来た名前のようです。エゾハルゼミは涼しい地域の落葉広葉樹林に生息します。その為北海道でもよく見られます。夏の始まりを知らせるセミの時雨と涼しい北海道の夏を支笏湖で楽しむのはいかがでしょうか。
PAGE TOP