グルメ

2018.03.29

世界で一つだけの海鮮丼

1,725 view

スタッフ名:小竹

私は海鮮が大好きです。
生まれは海なし県の栃木、数度の転勤で海がある県を回るうちに、気づけば大好物は海鮮になっていました。海鮮丼が好きすぎていつしか時間があれば海鮮のお店に通い、スーパーで刺身を買い、家で丼を盛るという生活を繰り返していました。ある日ふと、もう少しだけ真剣に海鮮丼を作ってみようと思い立ち、旅に出ました。

海鮮丼の器はこちら 「 kikiカフェ+器 」

画像1
画像2
画像3
画像4
まずは海鮮丼の器を求め、伊豆の国市へ。
素敵な隠れ家的なお店で、全国の若手作家の器を集めたお店とカフェが一体になっています。
和風の落ち着いた店内に、細かな模様、一つとして同じものがない素敵な器が整然と並んでいます。
コーヒーを片手に時を忘れ、いつまでも会話を楽しみたい、そんな気分にさせてくれるカフェ空間もあります。
大きめの器を探してましたが、お碗サイズの器に一目惚れし、今回はミニ海鮮丼を作ることにしました。
住所:伊豆の国市田京375-4
電話番号: 0558-76-1365
定休日: 日・月・火曜日(臨時休業あり)
営業日: 木・金・土曜日
営業時間: 11:30~15:00
HP: http://www.la-lala.net/

そして海苔は「 かまや水産直営 かま康 」

こちらのお店はかまや水産の直営店で、多種多様の干物や水産物、下田のお土産などを販売しておりますが、今回は下田の特産の特選海苔を頂きました。
かま康さんの魅力は以前の休暇村スタッフブログにて語られています。

休暇村スタッフの「かま康」さん ご紹介記事はこちら

生山葵はここ 道の駅「 天城越え 」

画像1
画像2
画像3
画像4
石川さゆりさんの名曲「天城越え」の歌詞にも登場する浄蓮の滝もあり、近くに生ワサビの畑、お店もあります。一番新鮮そうな生山葵をいただきました。
山葵をすりおろすと同時に、ふわっと一味違う山葵の香りが広がりました。
 

刺身は下田の魚屋 「 相川魚店 」

画像1
画像2
お刺身は下田の相川魚店にて捌いていただきました。下田の街中にある趣のあるお店で、優しい店員の方が印象的でした。刺身は鮮度が命。お買い上げしてすぐに海鮮丼作りに取り掛かりました。

そして出来上がったミニ海鮮丼はこちら!

画像1
画像2
画像3
画像4
自分の頭の中の理想の海鮮丼とは確かに程遠い出来です。しかし世界でひとつだけのかけがえのない海鮮丼で愛着がわきましたが、一瞬で平らげました。
 
海鮮丼の素材を求めて各地を回ってみて、沢山の人と出会い、わさびの薀蓄を聞いたり、地元の美味しいお店を教えてもらったり、普段生活していたら体験できないようなひと時を過ごせました。
 
地域の魅力に触れつつ、それを発信していくことを仕事にできることを、改めて誇りを感じることが出来ました。
PAGE TOP