ブログ

2021.06.28

キャベツ畑で天の川見つけた

812 view

スタッフ名:小森克敬

画像1
2021年6月末、夏秋キャベツの出荷量「50年連続日本一」嬬恋キャベツの出荷が始まりました。

 
6月26・27日には、嬬恋村にあるJR吾妻線の大前駅から、始発電車にキャベツを積み込んで、高崎駅で販売するというPRイベントが実施され、ヤフーニュースでも紹介されました。

ヤフーニュースの記事はこちら

嬬恋キャベツの植付は4月下旬から始まります。植付から収穫までは約2カ月かかるのですが、6月~10月の出来るだけ長い期間収穫するために、少しづつ時期をずらして植え付けます。

なので・・・
出荷が間近の畑の隣りが
植付直後の畑だったりして
画像1
パッチワークのような風景を村のあちこちでお楽しみいただけます。
嬬恋キャベツで地球を1周 ⁈
画像1
これは最近になって知ったのですが、1年間に収穫される嬬恋キャベツ約184,000,000個を一列に並べると、ちょうど地球を1周する長さになるんだとか。1億8,400万個も凄い数字ですが「地球1周」と言われると、まばたき忘れて目が点なりますよね ( ゚Д゚)

2021年も地球1周への第一歩(個)が、先週あたりからスタートした嬬恋キャベツ。
休暇村嬬恋鹿沢では、サイズや個数・価格などが安定する7月上旬より、お客様にご提供できる予定です。

 ☆
 ☆☆
  ☆☆
  ☆☆☆
   ☆☆
    ☆
     ☆彡


 Ifound the Milky Way in the cabbage field



休暇村のビュッフェ情報はこちら

「天の川みつけた」の詳細はこちら

※浅間山を背景にしたキャベツ畑と天の川の写真は「2020年吾妻写真コンクール」で入賞(鹿沢温泉観光会長賞)した作品です。休暇村から車で10分ぐらいの場所からの撮影(だと思われます)
※「天の川見つけた」のイベントではキャベツ畑には行きません。 <(_ _)>
PAGE TOP